遊女が働く目的

一度入ったら最後と言われている遊郭。その中で懸命に客の為に尽くす遊女たち。
一体、遊女たちは何のために働いているのでしょうか。

きらびやかな衣類や装飾を着かざして色々な男たちの目を引きたかったのか、花魁たちに憧れを持ってこの道にきてしまったのかと色々と考えてしまいます。
今回はそんな、遊女たちが遊郭で働いている目的をまとめてみました。

遊女が働く目的

現代の遊女と言っても過言ではない風俗嬢は多くの目的があって働いています。しかし、江戸時代の遊女が働く目的はたった一つでした。

もともと遊女たちは親の借金の肩代わりに売られた女性たちで金額としては農村部で3から5両(約30万から50万)、下級武士の子だと18両(約180万)でした。

遊郭で働いてからは身なりを整えるために自分で必要な物を買いそろえます。しかし、お金がないので遊郭から借金をして身なりを整える必要がありました。その借金の返済が遊女が働くたった一つの目的でした。
高価なもので身なりを整えないと客は寄ってこないので必然と高価なものを買うしかありません。しかし、高ければ高いほど借金の額は跳ね上がっていくので負のスパイラル状態といえます。

現代は自由が尊重されているので風俗嬢は海外留学や習い事など自分の目的や親孝行などで自由にお金を使うことができます。比べて江戸時代の遊女は永遠に終わることのない借金に追われながら働かなければならず、自由に使えるお金は客からのお捻りくらいしかなかったのです。

まとめ

いくら親の借金の肩代わりとして遊女として働くことになった女性たちの親に対する怒りや絶望は知る由もないと思います。良いように言いくるめられて待っていたのは借金地獄とは江戸時代の女性の歴史として語られるべき事実だと思います。しかし、それでも借金が返済できれば自由の身になれると信じて働き続けた遊女たちの根性は見習うべきことであり、遊女たちの生き方も今後生きていく上で参考になるのではないかと考えられます。

遊女も現代の風俗嬢さんも性業界で働く目的はひとつ。風俗嬢さんのプライベート時間に「タダで遊べるセフレになりたい」などとは考えないでください。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*