現代の風俗嬢に繋がる遊女の歴史

「遊女」という言葉は多くのドラマや小説で耳や目にする言葉となりました。
遊女に対するイメージは大小それぞれですが、遊女とは一体何者なの?と疑問に思う方は少なからずいると思います。

そこで今回は現代の風俗嬢に繋がる遊女の歴史をまとめてみました。

遊女の歴史

遊女の存在は奈良時代からありました。役目は今のように性サービスをするのではなく、神々を崇めるために踊ることや歌を歌うことなど遊芸を主に仕事とした巫女でしたが、戦によって神社を失うと諸国を放浪しながら宿場や港で歌や踊りをしながら性サービスも遊芸の一種としました。
その性サービスを遊芸の一種にした専門家集団を遊女と呼称しました。

鎌倉時代となり幕府が開府されるとそれまで自由だった遊女たちを取り締まり始め、幕府の指示のもと営業することを許されました。
今の遊女のイメージを作った江戸時代になると遊女たちは都市の一か所に集められました。それを遊郭と言い、遊郭ができた場所は江戸の吉原遊郭、大坂の新町遊郭、京都の島原遊郭と主に人の出入りが激しい都市に有りました。この三大遊郭の他に鎖国時には外国人を対象にした丸山遊郭を長崎に作りました。
また、遊郭設立と同時に遊女たちに位ができ、太夫や花魁などの呼び名もできました。

明治時代になると遊女の管理は国から地方に移動していきました。また、遊女たちは明治政府の出した新たな遊郭制度によって政治的にも非難されてしまい、段々と社会的地位は失われていきました。
戦後になると遊郭は廃止になり、代わりに赤線と名前を変えますが、法律により廃止。赤線で働いていた女性たちが流れていった場所が、政府が法律上営業を認めるトルコ風呂でした。その後、名前を変え現在のソープランドになりました。

まとめ

遊女の歴史がここまで長いとは正直驚きでした。また、今も昔も性サービスを扱うお店に関しては政府が介入していることが共通点として残っているところを見るときちんと女性の人権は守られていると考えてしまいました。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*