風俗嬢さんの1日と江戸時代の遊女の違い

きらびやかな遊郭の灯りに照らされ、妖艶に見える遊女たち。その姿は獲物が今か今かとかかるのを待っている美しい蜘蛛のよう。
そんな風に華やかそうに見える遊女たちは意外と過酷な毎日を送っていました。

今回はそんな知られざる遊女の一日を吉原の遊郭をもとにまとめてみました。

遊女の一日

遊女の朝は早く夜明けの6時から始まります。この時間は遊郭に通っていた客が帰っていきます。この時に遊女は次に会う約束を取り付けます。

客が全員帰っていった後、遊女は睡眠を取ります。遊女には客が起きたら自分も起きなければいけない約束があるため、この時間は遊女たちにとって疲れを癒す時間でした。しかし、位が低い遊女たちは一緒の部屋で寝ることになるため、落ち着くことはできませんでした。

そして、10時になると起床し、お風呂に入ります。遊女は毎日体を洗いますが、肝心の髪は月に一度のみでその日になることを楽しみに待っていたそうです。

その後は朝食を取ります。睡眠と同様に位ごとで食事も分れており、位が高いほど個室で食事を取り、低いと全員で囲うようにご飯を食べていました。

朝食を取り終えると12時から始まる昼見世までの間は自由時間で各々のんびりと過ごしていました。昼見世は夜とは違い、客は冷やかしが多く比較的暇な時間を過ごしておりました。

16時には昼見世が終わり、二度目の自由時間となりました。この時間は夜見世に向けて遅めの昼食を取り、芸を磨く時間でした。

そして、18時には遊女が夜空に照らされた夜見世が始まります。この時間には吉原の目玉である花魁道中も行われ、一番賑わいます。夜見世は22時まで行われ、その後は指名で選ばれた遊女は客との時間を楽しみます。

深夜2時には就寝時間となり、客がついてる、ついてないのに関わらず遊女は床に就きます。また、客がついた遊女はその客との夜の時間を楽しみ、夜明けの6時を迎えるのでした。

遊女の一日を見てみると現代の人が持っている華やかなイメージとは程遠いハードな環境と自由な時間があまりなく、もはや牢獄のような空間にいるのかと思ってしまいました。
生きることは戦うことと言うように遊女たちも江戸時代で戦っていたように思えてしまいます。

まとめ

現代の風俗嬢とはずいぶんと違う生活ですね。
風俗嬢は時間制ではあるものの比較的自由な時間が多く、休みの日は遊びに出掛けたり買い物へ行くなどプライベートと仕事がきちんと分けられており、拘束されているという点では今の方が自由で生き生きとした生活環境を送れているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*